おやじ再就職す。!
ホームへ戻る
2005/6月 とうとうやりました。4.5ヶ月の就職活動でやっと再就職する事となった。某市役所内の勤務だ。当初は通学で身に付けた技術を生かした仕事をと、いきがっていたのですが、この年齢では相手にして頂けない事が判りました。悲しいかな現実です。作成スピードは明らかに若者の方が早い!よって最初の意気込み「新しい仕事にチャレンジして見よう」は軽く打ちのめされた。結局、今までやって来た技術を頼っての仕事となってしまった。(65才過ぎても就労OKが魅力であった)しかしこれで良いのではもうのんびりしても、40年やって来たもの、、、、。で13日より又サラリーマンになってしまった。
受給者資格はまだ半分も残っていたが、、、仕事をしない生活はもう限界だった。3度の食事を家で毎日食べる事は今の年齢と精神からして大変な苦痛だった。(自分も家内も)この苦痛からやっと(もう、、かも)脱出することが出来た。
上記の為ハローワークでの諸手続きを行った。ハローワークへ提出する書類
再就職手当支給申請書 (受給資格者のしおり冊子内にある用紙)
就職調査表 (ハローワークで出す 勤務先の押印必要)
採用証明書 (ハローワークで出す 勤務先の押印必要)
出勤した証  (タイムカード等の写し)
その他  失業認定書の提出、就労日の前日まで分の申請を提出する
2005/6月〜 さあ〜!仕事だ、待ちに待った仕事が出来る。こんな気持ちで出勤した。が、、、。ギャップが大きい、職場は全て自分より年上である、全くの新人であり言葉使い、気遣い、等々が交差し精神疲労が大きい。(でも、これが仕事だ、現役時代の様じゃない)ここで再就職で判った事
1)技術を持って再就職したが、あまりプラスにはなってない、なぜなら皆さんがそれなりの資格を持ってい る方ばかりだから。(私はこういう事が出来ます、、、を前面に出す事は良くない)
2)むしろ、仕事上のチームワークが大切!先輩方と仕事が出来る!、の喜びの方が大切だった。
2005/8月〜 再就職手当支給の手続きを行っていた為、再就職手当が支給された。金額は(支給残日数×30%×基本手当日額です。もっと早く再就職すれば(所定給付日数の1/3以上かつ、45日以上だと40%)となるとの事でした。
再就職し感じて来た事は、出来たから言える我侭かも知れないが、「今までと何で同じ仕事にしたのだ!チャレンジしないのか」である。本当に無いのだろうか?、、。である。

2005/12月

チャレンジなんか出来ない(^○^)!のだ。なぜならば、決められた事項をやって、昼休みはたっぷり昼寝して責任はリーダーに任せて17:40には帰宅、風呂に入って一杯やって、、、。ではないか。従ってうっかりしてたら体重がup!、先月の血液検査ではコレステロールもUPで誠にヤバイ状態だ。そして週1回のバド練習もさぼりぎみ、今度は自分の体との戦いになりそうだ。

2006/8月
やり直し
この8月に上記の職場を退職した
理由は上のオレンジ欄にはとうとう我慢出来なくなった。再就職当初はラッキー!ラッキーと書き込んだが日が経つに連れ、「こんな状態で良いのか?」だ。このままでは自分は「腑抜け」になってしまう、技術を活かせないイラ立ちとの恐怖感だ。(資格者募集に応募したのに)そして自分の考え方とのアンマッチの大きさに耐えられなくなった。定年以降の再就職は「のんびりゆったり」でないといけないのかな?
(定年済の先輩諸氏さま、御教示下さい)
で、9月よりその2の就労を開始する事になった。
1月頃より探した結果、やっと希望の就労先が決まった。合計15社程応募しての結果だ、「その技術ほしい」とマッチして頂いた。本当に
定年後再就職はタイミングとつくづく思う。無い、無いとイラ立っても無い時は
無いのだ。
転職の注意 前職(厚生年金加入)から後職(厚生年金加入)への期間について
厚生年金加入期間の無し日(1ケ月以内とか1日とか)があるとその無し分に対して「国民年金保険料1ケ月分」を払わなくてはなりません!ので注意が必要です。

2006/11月
(再やり直し)
又々転職してしまった。
業務内容は自分の技術にマッチしており文句は無いのだが、1)通勤距離が遠い。2)通勤費の約半分は自前。3)給料も満足枠じゃない(決めた時は”金より内容”と言ったのだが、、、)等で趣味が出来ない。しかし
最大の転職理由は「40年以上お世話になった」会社の内、神奈川事業所より「来てくれないか?」の誘いであった。直接の事業所で無いのに声を掛けて頂いたと云う事は、、、。条件等は全て前職より良、通勤時間は30分、休日は土日祝であり、一つ返事でOKとしてしまった。
----------------------------------------------------------------------
業務内容は多少過去に経験しているし「何とかなる!」の無手勝流と「恩返し的」気持ち、そして40年以上洗脳されて来た通りの行動でやって行けるという気持ち、こちらのウエイトが強かったな。
世間は定年退職後の再就職は自社かその関連に、が大半と思う、場所と会社が全く違う処への再就職を経験し
「過去の常識は通用しない」を痛切に感じた。やっぱり洗脳された世界から抜出る事は大変な事、が本音なのです。楽な道を進みます。
2008/12月
リストラだ〜

世間が不況々と凹んでいる最中、他人事では有りませんでした。10月末に上司より「事業改革に伴う人員整理」で60才以上及び、一部女性の合計6人が退職勧告され、そのメンバーに自分も入っていました。
トホホ、、、ですが納得でした。自分はルーチン的な受注処理の仕事を任されていたのですが、昨年同時期や今年前半は約500件/日の受注項目が有ったのですが夏頃から激減し今期に入っては10件以下となってしまっています。大変な事態を感していました。その為、社は新規開拓を試みるのですが、それが起動に乗らず経労が噛合わずテンテコ舞状態、挙句の果てに「分社化」されてしまいました。
こんな折ですので、昔「一時帰休」経験したこのウデで一助でも、と腕まくりをしたのですがその矢先の宣告でした。ガックリの11月は世界中が「人員整理」状態!。自分なぞはまだ国の年金、企業年金が出るからいいが若い層の方はどうするんだ。
と言う訳でこの12月はのんびりと(、、、でも無いのですが)普段出来なかったシャック(無線室)や書籍の整理、ペンキ塗り等をやりながら「就活(新聞折込等」です。もうフルタイムはやめようか、、、等と目論んでいる今日ですが、過日提出したA社より「面接に来て」の連絡がありました。又ちょっとドキドキしています。
ある専門の友人より教えて頂いたのですが、求人情報はハローワークより新聞折込や新聞等の方が切実性、即応性があるとの事です。高い費用を出して掲載しているのですから、早く戦力が必要なんですね。わかる!。、、、3年前の自分の心境と今では切実感がまるで違う事に気付きました。60才過ぎるとこうなるんだな〜。
2009/1
 またまた
再就職
 今年1月、また々就労です。やっぱり私はジッとしてられない性格、と云うか仕事しなければ食べて行けない状態ですので。職種は過去経験のあるもので即戦力です。戸惑いもありましたが要求であります「週4日就労」をOKして頂きました。よってパート就労扱いですが、金・土・日を休みにして自分の時間・家族の時間を確保するようにしました。さあ!これでジックリと余裕で物事に集中できる、と思い気や3日休みが当り前となったら、この3日は忙しい事。しっかり馴れてしまい通常だった土日休みと何ら変わらなくなりました。人間というものは即刻対応する者なんですね〜!
 2013/1
再雇用契約なし
4年振りのご無沙汰ですが、とうとう65歳をすぎ、先月退職を宣告されました。「H25年1月をもって契約継続はなし」とです。内心今少しは(67歳位までは、、、)と思っていましたが、社の方針「高齢者は極力少なく」との事。知識も経験もあり戦力あるんですが、体力がないのですね。まあ致し方なしですね。今後は趣味に没頭するか、と思案が始まりました。いやそれじゃ軍資金がたりないぞ?
アマ無線での移動運用や家内との温泉旅行や、、、どうしようか?又仕事探すか?(又悩むな〜!)
これからが本当の退職後の生き方!なんですね。正直未だ働きたいですが、趣味にも時間を費やしたい、が本心です。
今後どう生きればいいか、、、。「分かりません」。
 
2013/3
又、又、又
再就職です
 
なんと!又働きました。(笑)

2月にハローワークに行って失業給付手続きをし(年金受給者は一時金)、就労意欲の有無を聞かれ「有ります!」と返事しました。家で2回目の求職情報をネットで見てた時、県立の新設事業所が募集しておりハローワークに行って内容確認応募した処、面接の連絡がありました。ここの募集は県の緊急雇用基金事業とかで期間は1年間のみ、東日本大震災以降の離職者を対象とし特に被災離職者が優先でした。まさか?65歳超だぜ?。

指定日に履歴書を持って出向き面接に挑みました。(この時、今一方では町の月当り10日程度の仕事があり応募してました)定年退職後すでに4回も面接をやってましたので恐れる事はありません。ましてや駄目でも町のが、、、の気持ちで余裕です。処が多数の方々が来られている様で内心「こりゃ駄目だ!」と感じた次第。そしたら二週間後「採用です!!」の連絡がありました。「なんで〜!」う〜ん採用原因は?、やっぱり経験して来た実績と定年後での就労意欲、面接時に話した定年後でも新人者への指導意欲が採用頂いた様に思います。勤務は月〜木の4日、週29時間です。
よっしゃ〜!これで無線機や周辺機器が買えるか、そして温泉旅行も出来るか?、、、出来ないな。木金とバドミントン、そして今年は自治会の役員を任されました。う〜んやっぱり余裕が出ないぞ〜!。
 
とうとう契約終了となります。(2014-2-22)

1年は早いものです。まもなく3月です。昨年県立新設事業所に雇用されまじめに(?)やって来ましたが、間もなく契約終了に近づいて来ました。再就職支援で技術を教える作業でしたので、結構やりがいがありました。
しかしこんな多忙は現役時も無かったと振り返ります。自分で播いた種なんですが、本作業に自治会作業、そして趣味のバドミントンクラブ主宰で木・金曜の運営、でアマチュア無線も続けないとで全く見つめる事が出来ませんでした。合わせて多忙状態でのバドミントンは動かしてない筋肉が悲鳴を上げ、整形外科通いも味わいました。今こうしてページ更新をやれるのは年休消化で平日休みが出てきたお陰です。
しかし、契約終了と思いきや!先日3月末で契約は終わりだが、新たに「時間講師で協力して頂けないか?」でした。月1回程度で、の依頼です。自治会役員はもう1年あるのですが、月1回程度ならば自分を見つめる余裕はでる!と判断しOK!しました。もちろんこの年齢でも来てくれ!が嬉しかったからです。まだ々毎日サンデーにはなりませんゾ〜。よって4月から正規収入が無くなり、消費税もアップ故に今の内必要品は買っておかねば〜!の心境です。
 
 おやじの今
2014年

2016年
2014年に県立事業所を退職して、再び(性懲りもなく)雇用を頂きました。今度は某パソコンショップです。自分でも笑ってしまうのですが、、、。現役時は学校を終えて一社のみで定年退職に至った自分がほぼ10年間で6回も仕事を替えています。
半分は「高齢者は不要になりました。」なのですが。今回のパソコンショップはシニアスタッフとして週3日5時間/日で最大74才まではOK、との事で雇用をさせて頂きました。又宣告されるのはいつかしら?なのですが、まずは連日頑張っており、これも一重に健康でいられるお蔭と感謝しています。


健康維持”の原因は何か?
次の目的、目標があるから、、、でしょうか?今健康を害してはまずいのです。
それは
* 勤め先での多少のノウハウ伝承(ほとんどないのですが、、)
* バドミントンチームとしての運営
* 旧街道歩きの継続(現在旧中山道歩き継続中)
* アマチュア無線で日本全市(約800以上)との交信(The Japan Century-citys Award)
ですね。


しかし70才になり身体が軋んで来て多方面にガタが出て来ています。
おやじは高血圧と高コレステロールそして腰痛持ちです。血圧は降圧剤を服用して130/80台を、LDLコレステロール値は182で上限値(163)オーバーです。腰痛は骨盤湾曲で左臀部〜ふくらはぎまで痛み・しびれが起きて痛み止め服用中です、俗に言う脊柱管狭窄症と言われ、この対策は医師より「歩け、体重を減らせ」ば改善される。そしてアルコール(主にビール)を飲まないと体重・血圧が下がる事を知りました。又軋んで「痛い」からとじっとしていては、あっという間に筋肉や骨格が膠着してしまう事も知りました。
健康は死ぬまで動かし廻る事なんですね。現在は毎日血圧・体重・歩行距離を記録しています。計る行動で体重が下がって行く事を知りました。が、下がると便秘が続くのです。それよりプラス1kg台が快便状態になるのですが、ちょっと重く感じるのです。

こういう事自体が気を廻しすぎなのは判っているのですがね。と、これが現在おやじの毎日です。

1